宝くじを当てるコツ

宝くじの当選確立

最近の宝くじは、億万長者が増えている様な気がしませんか。

 

でも、自分は元より身近なところで高額当選者を見たことがあるかと言えば、ほとんど見たことがないと思います。

 

あるジャンボ宝くじでは、1等の2億円が当たる確立は1000万分の1、2等の1億円が当たる確立は500万分の1程でした。

 

この確率が、売り場によって変わることは原則的にはありません。

 

販売枚数が多ければ多いほど、当選くじの出る確率が他の売上枚数の少ない売り場より多くなるといっただけの話です。

 

宝くじは、バラと連番どちらでも買うことができます。

 

当選する確率は、バラでも連番でも違いがありません。

 

前後賞も含めた高額当選を狙うのならば、当然連番で購入する方が当選の確率は高くなるでしょう。

 

宝くじをバラで買った中から、1等と前後賞全て出る確立はかなり低いでしょう。

 

ただし、連番で購入した場合1等が出なければ前後賞に当たる確立はバラより低くなります。

 

トータルで考えると、どちらも変わらないのです。

 

宝くじの購入枚数が沢山であればあるほど当選確立が上がるので、最近では宝くじを複数で購入する人たちが増えています。

 

もし当選したとしても複数で購入しているので当選金は皆で分ける事になり、もし10人で買った場合1億円当たると1000万円ずつ分けることになります。

 

1億円を一人で使いたければ個人で購入し、1000万円でもいいからとにかく当選したいというのであれば複数で購入すると良いでしょう。

 

また複数で購入し当選した場合、換金の手続きをする際きちんとしておかないと、後々税金がかかってくる事もありますので、手続きはきちんとしておきましょう。

 

複数で購入する場合は、売り場に全員で行き、換金も全員で行くと一番良いようです。

宝くじの当選確立関連エントリー


Copyright (C) 2010 知って得する宝くじナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

宝くじの当選確立

いろいろな種類の宝くじの紹介や買い方等を分かりやすく説明しています